スーパークール スノーテックス 物性強度を高めたハイグレード(萩原工業)遮熱シート 3.6×5.4m 萩原工業製 4枚 サッシ、窓 国産品

メモリーをUSAから直輸入メモリRAMアップグレード IBM-Len0v0 Q0smi0 310S-08IAP用 8GB M0dule - DDR3-12800 (PC3-16,
石国のこれまでと、これから。

石国のこれまでと、
これから。

株式会社石国は2020 年、創業から 100 周年を迎えました。
これもひとえに当社と共に歩んで下さった皆様のおかげと、心より感謝申し上げます。
「人のことを想う」ということに対して 強 く こだわり、私たちの考え方として「正直」「誠実」であることを守り 1920 年の創業以来努めてまいりました。
そして、次の 100 年に向けて「時計ベルト」という商材を通じ 、 時計に関係する皆様、時計メーカーやお客様にしっかりと貢献していきたいという想いを常に持ち続け、引き続き世の中に対して継続的に責任を果たすことに邁進していく所存でございます。
また、100 周年を迎えるにあたりCI(コーポレートアイデンティティ)を刷新いたしました。
「日本一正直な時計+α のポータルカンパニー」と事業ビジョンを策定し、これからの時代を生き抜くために常に+αを考え 、 これからもお客様が満足して頂くために新たな取り組みに積極的にチャレンジして参ります。

石田国久

主体性

主体性

私たちは「主体性」を大事にしています。
これから新しい挑戦していく中で、「自ら考え、自ら行動すること」を石国では常に求められます。
お客様は様々なお困りごとを持って店舗にいらっしゃいます。
お客様が何をしてほしいのかを自分に置き換えて考えて行動を起こすことが、石国のサービスの基盤を作っており、お客様の信頼にもつながっています。

粋であること

粋であること

日本には我々の先人達が長い月日を重ねて、自然構築された「粋」という言葉があります。
それは相手への気遣いや美意識を指す際に使われる言葉です。
この「粋」という言葉も石国を構築する大事な要素です。
日々様々な修理のご相談が寄せられます。
私たちの対応範囲外のご相談も多くみられます。
その時に、このお客様にとって何をしたら喜ばれるかを考え、パートナー様をご紹介するなど最後までお客様と向き合いお手伝いさせて頂いています。
これは、ずっと「粋」であること、人として「かっこよくあること」を大切にしてきた石国の文化でもあります。
これからもお客様だけではなく石国に関わってくださっている方すべてに「石国って粋だよね」と言って頂くことを目標にしています。

プロフェッショナル

プロフェッショナル

石国は時計に関するすべてのことに最初に相談される企業を目指しています。
そのためには私たちがプロフェッショナルであり続けなければなりません。
世の中には様々な時計がありますが、どれを見てもその時計のことを理解し、お客様のご要望通りではなく期待値を超える、「粋」であるサービスを行っていきたいと考えています。そのために当社では、技術力向上のため多様な研修を行っています。また、「時計修理技能士」の資格取得を推奨しており、お客様から安心してご依頼頂ける環境を整えています。
時計を綺麗に磨いたり、修理をすることは大前提に、技術力を突き詰めていく先に時計を「楽しむ」提案ができると確信し、私たちはこれからもチャレンジを続けていきます。

あなたの輝き続ける⼈⽣を刻む

あなたの輝き続ける⼈⽣を刻む

石国の根底に流れる「人から始まり人で終わる」という思いをロゴに込めました。
また「これまでと、これから」「過去から未来へ」という思いを青からオレンジへの色の変化で表しました。

ラッピングは遊ぶ喜ぶ笑う

創業1920年(大正九年)の弊社は、
100年を超える歴史の長さから
「堅い」「真面目」などの
イメージを持たれがちですが、
今回のデザインの刷新では、
【その人が、その人らしく生きることに
寄り添い、心からの笑顔溢れる
社会づくりの一翼を担う】
という会社の理念をもとに、
「楽しい」「おしゃれ」「素敵」など、
包装紙に触れる方々が笑顔に
なっていただけるような新たな要素を
込めたデザインに変更致しました。

堀川理万子

©️安達康介

物性強度を高めたハイグレード(萩原工業)遮熱シート スノーテックス スーパークール 3.6×5.4m 4枚 萩原工業製 国産品

物性強度を高めたハイグレード(萩原工業)遮熱シート スノーテックス スーパークール 3.6×5.4m 4枚 萩原工業製
商品名:スノーテックス・スーパークール 遮熱シート

特徴:スノーテックスの物性強度を高めたハイグレード品 遮熱性・防水性・採光性を兼ね備えたシート 特に長期間の遮熱効果や長期使用の養生用遮熱シート・カバーとして使用でき、 耐候年数は約5〜6年

用途:長期使用のカバーや・農業用ハウスの天幕材として

ハトメピッチ:約90cm

材質:シ ート 本 体/ポリエチレン ハトメ/アルミニウム(刻印有り) 周囲ロープ/ポリプロピレン

カラー:表/パールホワイト 裏/シルバー

入数:4枚

スーパークール スノーテックス 物性強度を高めたハイグレード(萩原工業)遮熱シート 3.6×5.4m 萩原工業製 4枚 サッシ、窓 国産品

スーパークール スノーテックス 物性強度を高めたハイグレード(萩原工業)遮熱シート 3.6×5.4m 萩原工業製 4枚 サッシ、窓 国産品

スーパークール スノーテックス 物性強度を高めたハイグレード(萩原工業)遮熱シート 3.6×5.4m 萩原工業製 4枚 サッシ、窓 国産品

  • 5.00

    優れた「音楽映画」

    Kuro

    冒頭、その黒ずくめのスタイルからあだ名になったという「カラス」。低迷からの復活の鍵になる刑務所でのライブ開幕前の緊張感。「彼」の出演を待ちわびる囚人たちが床を踏み鳴らす音を伝える重低音。・・・スタジオの中、プロデューサーによって、ありふれたアマチュアの歌の中から、「ジョニー・キャッシュの歌」が生まれてくる瞬間。そして主演の二人の素晴らしいパフォーマンス。心理劇、サイコスリラー、ロマンチックコメディ、スパイアクションにコミックヒーローものと、ジャンルを問わず手堅く映画を作り上げるジェイムズ・マンゴールドの作品の中でも、これは一人の人間の挫折と再生を描く優れた伝記映画であり、また特に優秀な音楽映画でもあると思います。Blu-ray化も希望。

  • 4.00

    設定を活かして、リアルで等身大な、『アナタ』の恋愛模様として見事に蘇らせています。

    なつ

    時をかける少女と言えば誰もが知る、映画に燦然と輝く作品ですが、しかし、その様な作品をどうやって現代に蘇らせるかというのは、監督達を大いに惑わせて来たこと。殆どの人が知っている為、内容には言及しません。過不足なく、見事に現代風にリメイクさせた手腕には脱帽です。まるでお手本です。で、話自体はものすごく感動するってわけじゃないけど、その分ライトに見られて、視聴するのに負担も少ないです。んで、一人の人間が視聴する映画やドラマの数が昔と比べて圧倒的に増えた現在ではそれは必須。そういったことも含めて凄いです。時間があれば是非、見て欲しい作品です。特にクリエイターを目指している様な人は。

  • 4.00

    ラインDVD

    ymakke

    ラインDVDは長編で素晴らしい内容で、3回見ました。是非、一度見てください。

  • 5.00

    細田守監督作品で1・2を争う良作

    Lemonade4you

    細田守監督の2作目の映画。個人的には監督の作品で2番目に好きです。脚本がすっきりしていてさわやかで、ストレートで、わかりやすい。青春は止まっていられないものなんだ…そう感じる、とても大切なモノに気づかせてくれる作品です。終盤の千昭と真琴のシーンは、アニメ映画史上屈指の名シーンかもしれません。EDの『ガーネット』も素晴らしいと思います。真琴の人間性とか、展開の色々な部分にツッコミをいれるのは野暮、なのかもしれません。とてもとても純粋で綺麗なモノを描いてる作品だと思うので、できれば雰囲気に浸ったまま見てほしい。浸るにはちょっと気持ち悪く感じる部分がある…という人も多いとは思うのですが、恐らく細田守監督作品では最も抑えられているほうなので。今にして思うと、原作における深町一夫の実年齢が11歳という設定が監督にツボったのかな…と思ってみたりします。そうでなくても監督の性癖の一部、夏の空、積乱雲、高校生活の切り取り、走る女の子、必死で走る女の子(ただ走るのとは別物)、こける女の子、こけて怪我をする女の子(ただこけるのとは別物)はこの作品でも見られますね。『時をかける少女』は映画やドラマ、舞台になっていますが全てが『芳山和子』を通じてつながっているのがエモいですよね。

  • 3.00

    ライブはもっとガツン!とやって欲しかった

    ロッキングチェアクライマー

    ジョニー・キャッシュは大好きなミュージシャンです。もともとカントリーは好きなのですが、長年聞いていると、自分の好みの声の歌手に偏っていくようです。ジョニー・キャッシュのゴツゴツした素朴で荒削りな声は、何度聞いても飽きません。かの名盤、Silverなんて、LPで買ってCDで買って、iPodにも入れてるし何度聞いたか。こういう根っからのファンには、この映画のライブシーンは少し物足りないですが、ホアキンはよく頑張ってます。リーズも本物のジューン・カーターと比べると雰囲気は今一つですが、歌もうまいし、キャストのバランスとしてはいいと思います。映画の出来としては、生粋のファンから見ても、生の人間が描かれていて、お涙頂戴やヒーローものになりがちな伝記映画としてはいいと思います。まあ、クスリはいけないよ、という文科省御用達の当たり前のテーマが打ち出されているので、当たり前すぎてつまらない、と言えばつまらないですが…しかし、改めて見てみると、有名人と言ってもライブツアーの巡業生活というものは厳しいものです。誘惑や落とし穴も多いし、ついクスリに手を出してしまうのも、何となく理解できます。(肩持っちゃいかんか)体力ないともたないかも。みんな、若い頃は旅に出た開放感からか、深酒したりクスリやったり、いろいろと無茶しますが、年を取ると生活をクリーンにして体鍛えますよね。でないと長持ちしないのに気づくんでしょう。ミック・ジャガーなんて、一回の公演で4キロ減るとか言ってたし。全体としてはいい映画だと思うし、ホアキンもよくやってるので、人情としては高得点を上げたいですが、グーッと盛り上がるライブが無くて、細切ればっかりだったのが残念。辛目の点数にせざるを得ません。それと、刑務所ライブシーンではフォルサム・プリズン・ブルースに加えて、かの名曲、思い出のグリーングラスをフルで聴きたかったです。キャッシュの作ではないしトム・ジョーンズの華麗な歌声のほうが有名ですが、ジョニー・キャッシュの歌唱の切々とした素朴さには誰も勝てません。本物じゃないのでフルバージョンは荷が重いかな。演出が良ければここだけ口パクにしても許す(笑)。以上、全く筋違いの勝手なワガママでした。

  • 5.00

    細田守監督作品で一番好き

    あいうえお

    細田守監督作品で一番好きな作品です。自分は何度見ても感動できる大好きな青春アニメ映画だと思っています。タイトルにあるように、時をかけるタイムリープものの映画なので、細かいところを指摘すると次元よ歪みというかなんたるかがあって矛盾はあると思いますが、そういう細かいこと気にせずに見て欲しいと思う。2006年公開の映画なので、最近の細田守監督作品の作画には及びませんが、その他は圧倒してると思う。声優は細田守監督作品なので、相変わらずタレントが声優をしてたりしますが、自分は今作のタレント声優陣かなり良かったと思う。特に主役の真琴の仲里依紗さんはキャラに合ってるし、ベストな人選だったんじゃないかな?ストーリーも2回目以降で伏線を回収するように、あ、このシーンでこの人来てたんだみたいな気づきがあったり楽しめます。何度見ても楽しめる映画なので、マックスの星5にしました。長過ぎないし、気軽に見れるので誰にでもオススメできるかな。

  • 3.00

    やはり国内盤BDがほしい。

    みかん

    この映画自体は良いのですが、やはりDVDだと画質が悪くて観る気がおきない。アメリカではBDが出ていますが日本語字幕がありませんので、それも不可。結論:はやく国内盤を出してほしい。メーカーさんお願いします!

  • 4.00

    日々、一瞬一瞬の選択を大切に生きようと思いました。

    マカロン

    最近とある番組で、この作品の主題歌が決まった背景を細田監督が話されていて、その話が興味深かったことがきっかけで作品を観ることになりました。最初の数分ほどは心を掴まれるポイントがほとんど感じられず戸惑いましたが、その後すぐにラストまで止まることなく、スピードが加速するかのようにどんどん引き込まれていきました。きっと、どんな作品にも当てはまることだと思いますが、どう解釈しどう感じるかに正解も不正解もなく、この作品を観て感じた気持ちは、観た人の人生の数だけ様々なんだろうなぁと思いを巡らせました。これまであまり興味をもつ機会のなかった細田監督の作品ですが、今公開中の新作を始め、他の作品もぜひ観てみたいと思いました。

  • 5.00

    ウォーク・ザ・ライン

    小島勝彦

    前からジョニー・チャッシュのファンで欲しかったので大変に嬉しいし、良い商品でした。

  • 5.00

    本作終盤のタイムリープは決して矛盾ではない。魔女おばさんの正体も示唆されている。ネタバレあり

    ひだまり

    時間SFものをよく見たり読んだりしている者です。●一部の感想で、「千昭のタイムリープで真琴のジャンプ回数が戻るなら、無限にジャンプできるのでは」「真琴が最後に1回大きくタイムリープしたことで、真琴のジャンプ回数は満タンに戻るのでは」などの意見が見られますが、理屈で考えると、これらの主張は勘違いと言わざるを得ません。実はこの作品、タイムリーパーが2人もいるという、青春映画にしてはかなり複雑な状況設定がとられています。それが無数の勘違いや混乱を招いています(普段タイムリープものを見ない方にとっては、混乱もやむを得ないと感じます)。この映画の原理は、「1人のタイムリーパーAが、(第三者である)もう1人のタイムリーパーBのジャンプ時刻よりも前まで時を遡った場合、Bのジャンプ回数のみが復活する(Aのジャンプ回数は当然のことながら減る)」というものです。タイムリーパーAが1回時間を遡ると、当たり前ですが、Aのジャンプ回数は減りますよね(映画の中でも説明されているように)。物語の終盤、真琴のタイムリープ回数が0→1に復活したのは、真琴から見て第三者(ここでは千昭)がタイムリープしたからに過ぎません。続いて、真琴は復活した1回分のジャンプを消費して、物語冒頭の時刻まで大ジャンプします。この場合は、真琴がただ単にタイムリープしただけなので、彼女のジャンプ回数は戻るはずがない(フツーに1→0に減る)のです。その代わり、千昭のジャンプ回数は復活するというワケです(千昭から見て、第三者である真琴がタイムリープしたため)。このように、タイムリープものとして、この映画には特に矛盾はありません。●魔女おばさんの存在この魔女おばさん、一体何者なんだという意見が散見されますが、恐らく、彼女は筒井康隆の原作小説『時をかける少女』の主人公・和子です。要は、別作品のヒロインです。原作小説では、タイムリープの手段としてラベンダーの香りが使われます。本作の終盤(1時間17分あたり)にも、魔女おばさんが飾っている学生時代の写真の隣に、ラベンダーが映るカットがあります。さらに、この学生時代の写真、2012年の『時をかける少女 新装版(文庫)』の表紙とよく似ています。正面を見つめる少女の両隣に、学ラン服を着た2人の青年が立っている、という表紙です。文庫新装版の方が映画より後に発行されていますが、本作を意識した遊び心だと考えると愉しいですね。何より決定的なことに、魔女おばさん自身が「(タイムリープしたこと)私はあったなぁ」などと劇中で語っています。本作における魔女おばさんは、タイムリープの経験を持った人物(別作品のヒロイン)として、本作のヒロインである真琴をそっと導く立ち位置にいます。タイムリープで愛する人が戻らなかった経験があるからこそ、真琴の良き理解者として、その気持ちを汲み、強く背中を押すことができる、唯一の存在なのです。一見謎めいた存在ですが、本作には欠かせない、隠れた重要人物と感じます。●長々と考察しましたが、個人的には、複雑になりがちなタイムリープものを、少女の成長と恋に焦点を絞って、すっきりとまとめた作品だと感じました。たとえ複雑なタイムリープの全てを理解できなかったとしても、1人の少女が、目を背けていた少年の気持ちに向き合う強さを身につけ、未来へ駆け出してゆく姿に、多くの方が胸を打たれたのではないでしょうか。SF映画である以上に、青春映画として、類を見ない名作です。美しい作品をありがとうございます。

スーパークール スノーテックス 物性強度を高めたハイグレード(萩原工業)遮熱シート 3.6×5.4m 萩原工業製 4枚 サッシ、窓 国産品

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

スーパークール スノーテックス 物性強度を高めたハイグレード(萩原工業)遮熱シート 3.6×5.4m 萩原工業製 4枚 サッシ、窓 国産品

石田国久社長と私は中学校の同級生です。おとなになって国久さんは家業を継ぎ、私は画家になりました。2020年2月、国久社長が私の個展にいらしてくださいました。その時、「創業100年を機に包装紙を作り直したい」とおっしゃり、ついては私にその絵を、というとても光栄なお申し出を受けました。そして、このたび、創業101年目に包装紙が完成しました。
包装紙の絵を描くにあたり、石田社長から会社の歴史を聞きました。創業者の國三郎氏、二代目の康國氏、ともに創意とパイオニア精神に溢れた方々だったこと。そして現社長の国久氏の陽気で朗らかで牽引力のあるお人柄、そのことを全部ひっくるめて入れ込んで、おもちゃ箱みたいに盛りだくさんで、見てくださった方が楽しい気持ちになってもらえるような、生きていることへの肯定感が感じられるようなものができたら、と考えました。青とバーミリオンの色は会社のイメージカラーです。モチーフはおもに歴史的な発明品で、それらに動物を合わせ、ユーモアの世界と繋がる言葉をメッセージとして配置しました。たとえば英語のことわざ〈Laughter is the best medicine. 〉=笑いは、最上の薬。包装紙のなかにこの言葉を見つけてくださいますか?「みんなが笑顔になる」ということを大切にされている石田社長の思いを伝える言葉として、書き込みました。お買い物をされたあと、包装紙も楽しんでいただけたらと思います。

堀川理万子 ほりかわりまこ RimakoHorikawa

1965年東京生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修了。画家として絵画作品による個展を定期的に開きながら、絵本作家としても作品を発表している。『ぼくのシチュー、ままのシチュー』『くだものと木の実いっぱい絵本』『おひなさまの平安生活えほん』『海のアトリエ』『氷河鼠の毛皮』(宮沢賢治作)など多数。
「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」2021年受賞。

  1. ホーム
  2. サッシ、窓
  3. スーパークール スノーテックス 物性強度を高めたハイグレード(萩原工業)遮熱シート 3.6×5.4m 萩原工業製 4枚