Clazzi0 D#17系 エブリイワゴン/スクラムワゴン シートカバー クラッツィオ キルティング ES-603 ブラック×レッドステッチ 内装用品 新品

M/mika ninagawa ランチョンマット ラージタイプ(40×60cm)2枚セット ブルー・ピンク N3689220,
石国のこれまでと、これから。

石国のこれまでと、
これから。

株式会社石国は2020 年、創業から 100 周年を迎えました。
これもひとえに当社と共に歩んで下さった皆様のおかげと、心より感謝申し上げます。
「人のことを想う」ということに対して 強 く こだわり、私たちの考え方として「正直」「誠実」であることを守り 1920 年の創業以来努めてまいりました。
そして、次の 100 年に向けて「時計ベルト」という商材を通じ 、 時計に関係する皆様、時計メーカーやお客様にしっかりと貢献していきたいという想いを常に持ち続け、引き続き世の中に対して継続的に責任を果たすことに邁進していく所存でございます。
また、100 周年を迎えるにあたりCI(コーポレートアイデンティティ)を刷新いたしました。
「日本一正直な時計+α のポータルカンパニー」と事業ビジョンを策定し、これからの時代を生き抜くために常に+αを考え 、 これからもお客様が満足して頂くために新たな取り組みに積極的にチャレンジして参ります。

石田国久

主体性

主体性

私たちは「主体性」を大事にしています。
これから新しい挑戦していく中で、「自ら考え、自ら行動すること」を石国では常に求められます。
お客様は様々なお困りごとを持って店舗にいらっしゃいます。
お客様が何をしてほしいのかを自分に置き換えて考えて行動を起こすことが、石国のサービスの基盤を作っており、お客様の信頼にもつながっています。

粋であること

粋であること

日本には我々の先人達が長い月日を重ねて、自然構築された「粋」という言葉があります。
それは相手への気遣いや美意識を指す際に使われる言葉です。
この「粋」という言葉も石国を構築する大事な要素です。
日々様々な修理のご相談が寄せられます。
私たちの対応範囲外のご相談も多くみられます。
その時に、このお客様にとって何をしたら喜ばれるかを考え、パートナー様をご紹介するなど最後までお客様と向き合いお手伝いさせて頂いています。
これは、ずっと「粋」であること、人として「かっこよくあること」を大切にしてきた石国の文化でもあります。
これからもお客様だけではなく石国に関わってくださっている方すべてに「石国って粋だよね」と言って頂くことを目標にしています。

プロフェッショナル

プロフェッショナル

石国は時計に関するすべてのことに最初に相談される企業を目指しています。
そのためには私たちがプロフェッショナルであり続けなければなりません。
世の中には様々な時計がありますが、どれを見てもその時計のことを理解し、お客様のご要望通りではなく期待値を超える、「粋」であるサービスを行っていきたいと考えています。そのために当社では、技術力向上のため多様な研修を行っています。また、「時計修理技能士」の資格取得を推奨しており、お客様から安心してご依頼頂ける環境を整えています。
時計を綺麗に磨いたり、修理をすることは大前提に、技術力を突き詰めていく先に時計を「楽しむ」提案ができると確信し、私たちはこれからもチャレンジを続けていきます。

あなたの輝き続ける⼈⽣を刻む

あなたの輝き続ける⼈⽣を刻む

石国の根底に流れる「人から始まり人で終わる」という思いをロゴに込めました。
また「これまでと、これから」「過去から未来へ」という思いを青からオレンジへの色の変化で表しました。

ラッピングは遊ぶ喜ぶ笑う

創業1920年(大正九年)の弊社は、
100年を超える歴史の長さから
「堅い」「真面目」などの
イメージを持たれがちですが、
今回のデザインの刷新では、
【その人が、その人らしく生きることに
寄り添い、心からの笑顔溢れる
社会づくりの一翼を担う】
という会社の理念をもとに、
「楽しい」「おしゃれ」「素敵」など、
包装紙に触れる方々が笑顔に
なっていただけるような新たな要素を
込めたデザインに変更致しました。

堀川理万子

©️安達康介

クラッツィオ シートカバー エブリイワゴン/スクラムワゴン D#17系 Clazzi0 キルティング ブラック×レッドステッチ ES-603 新品

クラッツィオ シートカバー エブリイワゴン/スクラムワゴン D#17系 Clazzi0 キルティング ブラック×レッドステッチ ES-603
【商品名】
 クラッツィオ シートカバー エブリイワゴン/スクラムワゴン D#17系 Clazzi0 キルティング ブラック×レッドステッチ ES-603

【商品説明】
 

【サイズ】
 高さ : 25.20 cm
 横幅 : 56.80 cm
 奥行 : 63.00 cm
 重量 : 8.24 kg
 ※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。サイズ
高さ : 25.20 cm
横幅 : 56.80 cm
奥行 : 63.00 cm
重量 : 8.24 kg ※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。 セラーコード:X00VTJ8058

Clazzi0 D#17系 エブリイワゴン/スクラムワゴン シートカバー クラッツィオ キルティング ES-603 ブラック×レッドステッチ 内装用品 新品

Clazzi0 D#17系 エブリイワゴン/スクラムワゴン シートカバー クラッツィオ キルティング ES-603 ブラック×レッドステッチ 内装用品 新品

Clazzi0 D#17系 エブリイワゴン/スクラムワゴン シートカバー クラッツィオ キルティング ES-603 ブラック×レッドステッチ 内装用品 新品

  • 4.00

    【ネタバレ注意】ラストで何故、レントン達はベグビーを見逃したのか?

    chaos

    私の地元に仲間内で嫌われてる奴がいる。自分が一番と信じて疑わず、他者を常に見下す。人の話は聞かねえし、ケンカっぱやくて女癖も悪いトラブルメーカー。10代の頃は非行に走り、恐らく人殺し以外の犯罪には一通り手を染めていたと思う。そんな奴と何故か一時期、一緒につるんでいた。楽しい事もあったけど同じぐらいイヤな目にあった事もあった。「あんなのと付き合わなきゃいいじゃん」正直、そんな声も沢山あった。でも、不思議と友達をやめようとは思わなかった。「仕方ないよ、だって友達だもん」理由はたったそれだけ。T2観てたら、そんなしょうもないけど友達だった奴の事を久しぶりに思い出してしまいました。20年前の怨みから、レントンを殺そうと執拗に付け狙うベグビー。事実、ベグビーはあと一歩のところまでレントンを追い詰めます。しかし、思いがけない反撃に見舞われ気絶し車のトランクに詰め込まれいずこへ。目を覚ましたベグビーのいた場所は……普通だったら、あそこでベグビーはレントン達に殺されても何の文句も言えません。自分がレントンの立場でも殺害すると思います。ましてレントンは命を狙われたわけだし。けれど、レントンはそうしなかった。何故か?恐らく、レントンはこう答えるでしょう。「友達だから」彼らがこうなってしまった大本の原因はドラッグですが、こういう刹那的友情で繋がってる連中は意外と世の中に沢山いるのでは?20年経っても唯一、色褪せなかった最低で最高なクソッタレどもの「友情」に乾杯。

  • 3.00

    物語の最後だ

    s.mizushima

    1作目から20年ぶりの続編ですね。監督・脚本・原作者は皆1作目と同じ人たちです。音楽も良かった1作目。本作もハイ・コントラストから始まります。その後に1作目で使われた「パーフェクト・デイ」のピアノ・バージョンがさりげなく流れ懐かしさを感じました。レントンが1作目で「年を取るとクソ」と言っていましたが「20年ブチ込まれている」ベグビーは白髪頭になっていました。実際に俳優たちも20歳歳をとってます。また同じメンバーです。結婚してたり子供が出来たり母親が死んでいたり…こんなふうに映画の続編がもっとあるとおもしろいのに。その後が知りたい映画はたくさんあります。スパッドが「1」を小説にしてラストが「1」のイギー・ポップで終わるのもおもしろい。1993年アーヴィン・ウェルシュの同名小説が原作ですが実体験なんですかね?本当にみんな実在するのかもしれませんね。

  • 1.00

    ダニー・ボイルはダメな子

    ユーザーZ

    ダニー・ボイルは過大評価されていますが「トレインスポッティング」だけの一発屋監督。前作は、ストーリーに退廃と世紀末感が漂い、新時代感への期待と不安を演出したラストは見事でした。「嫌なことからは逃げても良い」という心理学的なラストのオチは素晴らしかった。T2は前作と比較しても、音楽、脚本、演出、ポップさ、など、全てが劣化した作品です。どれ一つ評価する点がない。特に脚本と演出の酷さが目につく。長々と若い女性に説教臭いセリフを吐き、オトナになった設定かと思うと、過去のような馬鹿なこともやる・・・。いったいどういうキャラ設定にしたいのか?レイトンとベグビーの中途半端なアクションの追っかけっこも不要だろう。そもそもアクションシーンを演出できる監督でもない。T1の映像のインサートは昭和の演出で・・・センスがなさすぎる。撮影監督にアンソニー・ドッド・マントルを選んだのも謎だ。自然光を活かした映像とは合わないだろうに・・・。オレ・ブラット・ビルケランドに撮影させていたらもう少しユニークな画になったかもしれない。

  • 5.00

    前作より面白かった。

    Mimi-mine -Chang

    前作「トレスポ」が上映されて20年が経ったんですね。レントンのその後が気になるラストで終わったんで。やっぱりきたか「T2」と思って楽しみにしてました。すっかりオッサンになってたヤツらですが。オッサンになったって粋にカッコイイ。しかも20年前のキャスティングでやってくれたところもウレシイところです。そういえば20年前の「トレスポ」でやっと陽の目を見たユアン。今や「スターウォーズ」にも出るくらいの人になりましたなぁ。なお、この作品。続編なんで、前作を見てないと話がわかりにくいんで観てない人は、一作目をあたってからご覧くださいませ。

  • 5.00

    雑駁かつ被洗練かつ苦み

    caritas77

    ほろ苦い後味の前作のその後に、おのおのの登場人物がまた一堂に会して、地域開発に志します。圧倒的に精密な政治的配慮のもとに、またまたおしゃべりなレントンが多くの人間を丸め込んで、社会的に成功しますが、結局独り占めしたのは???シック・ボーイは最近エレメンタリーでしょっちゅう観ている気がしますので、久しぶりでもなし。スパッドは懐かしかったです。ではまた。

  • 4.00

    20年

    ネミ

    自分はトレインスポッティング1を観た当時、実際にイギリスに彼らレントンやシック・ボーイが実在しているという感覚で観ていた。blurやoasisが実在していたのと同じように、自分にとっては海の向こうのヒーローだった。その彼らがそのまま実在し続けたかのように、この作品では20年後の今の彼らが描かれている。そして否応無しに知らされるのは自分自身も20年後ということだ。映画の中でスパッドが20年前のレントンの幻影を見るシーンがある。それが前作の映像をそのまま使うもんだから、こっちとしても本当に20年前の幻影を観た感じになる。ドキリとさせられた。この20年で変わった人も変わってない人も観たら絶対に何か思うものがあるはずだ。監督はセンチメンタル狙いや人気作品のパート2をただ撮ったのではなく、あの頃の我々にきっちりと落とし前をつけてくれたのだと思う。

  • 3.00

    不治の病

    徳田良平

    ちゃんと理解する為に、1を見直してからの鑑賞という・・気合の入れようwただ音楽がオシャレというだけの意味不明な青春チックな映画という記憶しかなかったんでwまぁ~しかし見直してみても、、相変わらず意味不明な感じです。何となく不衛生で、汚い映像が続き・・潔癖症には辛い内容です。続編の必要性を全く感じないのですが、、伝わる事は・・「アホに関わってはイケない」「アホは治らない」の2点でしょうか?でも2の方が良かったです。不衛生な描写が若干少ないのでwサントラはどうしようか悩み中、なかなか良かったですよ。

  • 2.00

    ┐(∀`)┌ 封入特典なし。

    ぶるーうぉーたぁ

    ケースが格好いいだけ。小冊子などの封入特典が一切なし…寂しいもんだ。

  • 4.00

    スリル満点の続編

    かめ

    ベグビーのレントンに対する、スリル満点の追走劇が迫力があって、面白い。

  • 3.00

    人生を選べ

    Kindleのお客様

    前作公開時、僕は大学生、当時付き合っていた彼女と映画館で観た。サントラも原作者の他の作品も買い、あの頃の僕はおしゃれでイケてる若者だと思っていた。あれから20年。無限に広がっていた(はずの)可能性を自らの怠惰で潰し、さえないおっさんとなった今の僕には少々観るのがつらかった。レントンがレストランで若いヴェロニカに大演説(独り言)をかます場面。「人生を選べ」。僕は選ばなかった。最後の場面、あれはまさに今の自分。フィクションの作品でここまで自分が惨めに思えたことがないくらいつらかった。前向きになる気力もすっかり萎え、現実から目を背けるために酔っ払い、自分がイケてた頃の曲を大音量でヘッドフォンで聴く。あと30年何する?

Clazzi0 D#17系 エブリイワゴン/スクラムワゴン シートカバー クラッツィオ キルティング ES-603 ブラック×レッドステッチ 内装用品 新品

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

Clazzi0 D#17系 エブリイワゴン/スクラムワゴン シートカバー クラッツィオ キルティング ES-603 ブラック×レッドステッチ 内装用品 新品

石田国久社長と私は中学校の同級生です。おとなになって国久さんは家業を継ぎ、私は画家になりました。2020年2月、国久社長が私の個展にいらしてくださいました。その時、「創業100年を機に包装紙を作り直したい」とおっしゃり、ついては私にその絵を、というとても光栄なお申し出を受けました。そして、このたび、創業101年目に包装紙が完成しました。
包装紙の絵を描くにあたり、石田社長から会社の歴史を聞きました。創業者の國三郎氏、二代目の康國氏、ともに創意とパイオニア精神に溢れた方々だったこと。そして現社長の国久氏の陽気で朗らかで牽引力のあるお人柄、そのことを全部ひっくるめて入れ込んで、おもちゃ箱みたいに盛りだくさんで、見てくださった方が楽しい気持ちになってもらえるような、生きていることへの肯定感が感じられるようなものができたら、と考えました。青とバーミリオンの色は会社のイメージカラーです。モチーフはおもに歴史的な発明品で、それらに動物を合わせ、ユーモアの世界と繋がる言葉をメッセージとして配置しました。たとえば英語のことわざ〈Laughter is the best medicine. 〉=笑いは、最上の薬。包装紙のなかにこの言葉を見つけてくださいますか?「みんなが笑顔になる」ということを大切にされている石田社長の思いを伝える言葉として、書き込みました。お買い物をされたあと、包装紙も楽しんでいただけたらと思います。

堀川理万子 ほりかわりまこ RimakoHorikawa

1965年東京生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修了。画家として絵画作品による個展を定期的に開きながら、絵本作家としても作品を発表している。『ぼくのシチュー、ままのシチュー』『くだものと木の実いっぱい絵本』『おひなさまの平安生活えほん』『海のアトリエ』『氷河鼠の毛皮』(宮沢賢治作)など多数。
「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」2021年受賞。

  1. ホーム
  2. 内装用品
  3. Clazzi0 D#17系 エブリイワゴン/スクラムワゴン シートカバー クラッツィオ キルティング ES-603 ブラック×レッドステッチ