イスカル W SGFFR SG端溝/ホルダ 切削、切断、穴あけ 【限定製作】

WallcharmersWallcharmers 18インチビーチ時計 | 手作り杉木製ビーチウォール時計 | 素晴らしい海の時計 湖の時間時計 海岸壁時計 ビーチテー,
石国のこれまでと、これから。

石国のこれまでと、
これから。

株式会社石国は2020 年、創業から 100 周年を迎えました。
これもひとえに当社と共に歩んで下さった皆様のおかげと、心より感謝申し上げます。
「人のことを想う」ということに対して 強 く こだわり、私たちの考え方として「正直」「誠実」であることを守り 1920 年の創業以来努めてまいりました。
そして、次の 100 年に向けて「時計ベルト」という商材を通じ 、 時計に関係する皆様、時計メーカーやお客様にしっかりと貢献していきたいという想いを常に持ち続け、引き続き世の中に対して継続的に責任を果たすことに邁進していく所存でございます。
また、100 周年を迎えるにあたりCI(コーポレートアイデンティティ)を刷新いたしました。
「日本一正直な時計+α のポータルカンパニー」と事業ビジョンを策定し、これからの時代を生き抜くために常に+αを考え 、 これからもお客様が満足して頂くために新たな取り組みに積極的にチャレンジして参ります。

石田国久

主体性

主体性

私たちは「主体性」を大事にしています。
これから新しい挑戦していく中で、「自ら考え、自ら行動すること」を石国では常に求められます。
お客様は様々なお困りごとを持って店舗にいらっしゃいます。
お客様が何をしてほしいのかを自分に置き換えて考えて行動を起こすことが、石国のサービスの基盤を作っており、お客様の信頼にもつながっています。

粋であること

粋であること

日本には我々の先人達が長い月日を重ねて、自然構築された「粋」という言葉があります。
それは相手への気遣いや美意識を指す際に使われる言葉です。
この「粋」という言葉も石国を構築する大事な要素です。
日々様々な修理のご相談が寄せられます。
私たちの対応範囲外のご相談も多くみられます。
その時に、このお客様にとって何をしたら喜ばれるかを考え、パートナー様をご紹介するなど最後までお客様と向き合いお手伝いさせて頂いています。
これは、ずっと「粋」であること、人として「かっこよくあること」を大切にしてきた石国の文化でもあります。
これからもお客様だけではなく石国に関わってくださっている方すべてに「石国って粋だよね」と言って頂くことを目標にしています。

プロフェッショナル

プロフェッショナル

石国は時計に関するすべてのことに最初に相談される企業を目指しています。
そのためには私たちがプロフェッショナルであり続けなければなりません。
世の中には様々な時計がありますが、どれを見てもその時計のことを理解し、お客様のご要望通りではなく期待値を超える、「粋」であるサービスを行っていきたいと考えています。そのために当社では、技術力向上のため多様な研修を行っています。また、「時計修理技能士」の資格取得を推奨しており、お客様から安心してご依頼頂ける環境を整えています。
時計を綺麗に磨いたり、修理をすることは大前提に、技術力を突き詰めていく先に時計を「楽しむ」提案ができると確信し、私たちはこれからもチャレンジを続けていきます。

あなたの輝き続ける⼈⽣を刻む

あなたの輝き続ける⼈⽣を刻む

石国の根底に流れる「人から始まり人で終わる」という思いをロゴに込めました。
また「これまでと、これから」「過去から未来へ」という思いを青からオレンジへの色の変化で表しました。

ラッピングは遊ぶ喜ぶ笑う

創業1920年(大正九年)の弊社は、
100年を超える歴史の長さから
「堅い」「真面目」などの
イメージを持たれがちですが、
今回のデザインの刷新では、
【その人が、その人らしく生きることに
寄り添い、心からの笑顔溢れる
社会づくりの一翼を担う】
という会社の理念をもとに、
「楽しい」「おしゃれ」「素敵」など、
包装紙に触れる方々が笑顔に
なっていただけるような新たな要素を
込めたデザインに変更致しました。

堀川理万子

©️安達康介

イスカル W SG端溝/ホルダ SGFFR 【限定製作】

イスカル W SG端溝/ホルダ SGFFR
SGFFR

イスカル W SGFFR SG端溝/ホルダ 切削、切断、穴あけ 【限定製作】

イスカル W SGFFR SG端溝/ホルダ 切削、切断、穴あけ 【限定製作】

イスカル W SGFFR SG端溝/ホルダ 切削、切断、穴あけ 【限定製作】

  • 5.00

    軽くて良い◎

    サイズぴったり、足への負担もあまりないです。軽量なので、足も軽く、ウォーキングやランニングにも適していると思います◎色も、黒系ミックスでオシャレですし、履き心地がとても楽なので、歩きやすさもとても良いです。

  • 4.00

    原作のほうがいいなぁ。

    Amazon カスタマー

    まったり楽しんでいるところに子供のくだりがちょっとがっかり。まったり原作で楽しみます。

  • 5.00

    上品なベビーピンク

    sabato35

    軽いし、かわいい色。就業中に履くために入手しました。階段の登り下りにもいいです。気に入っております。

  • 5.00

    映画ではなく、毎週アニメでみたいやつ

    shoko

    原作も全部ではないけど読みました。ほのぼのとした感じがとってもよく、癒やされました!! 疲れたときにほのぼの見たい!映画館に行くほどでもないし、ダラダラ見たい感じなので、ぜひ毎週深夜でアニメにしてほしいです。むしろなっているのかな。私が知らないだけかもしれないです。

  • 5.00

    履き心地良く、オシャレなデザイン

    うーちゃん

    まずはスタリッシュだけど可愛さもあるデザインがとても気に入りました。履き心地も良く、足の甲のベロはありませんが、靴紐で普通に絞めつける事ができるので、極端にサイズが違わなければ問題無いです。

  • 3.00

    主役二人の声が酷い。テンポも悪い。

    水野

    新人を抜擢したかのような声。他がちゃんとしているだけに、声を当てている感が強く、かなり下手。他よりも声を大きくしているのか、籠もっているのがよく分かる。メリハリもイマイチ。声質だけならキャラに合っているが、声優としての技量が兎に角低く聞き苦しい。テンポに関しては、単に無駄カットが多い。日常系らしく淡い色合いで上手く纏めているが、それ故に無駄なカットが目に付く。ストーリー自体は原作を上手く繋げていると思えたが、それならその無駄なコマの部分で季節の変化を出す等の工夫が欲しかった。色彩、作画共に目を引く部分は無いが、終始安定していて優秀。子供のところはいらなかったが、ストーリーとして繋げる為に使いやすかったのは分からんでも無い。ただ、子供の方がちゃんと声優していたので、対比して二人のひどさが際立った感もある。原作好きからすれば、ストーリーも天界絡みが少なく、残念さが強い作品かも知れない。原作を知らなければ、まぁこんなもんかなぁと感じる日常系か。そう考えると脚本も残念な部類かも。主演二人の声優が酷いながらも、作画がちゃんとしていて最後まで観れるので、評価は普通で。

  • 5.00

    足全体が包まれる感じ

    flute

    とても歩きやすく、履いた時に足全体が程よく包まれる感じになりすごく良いです。履くときも簡単にはけるので、頻繁に脱ぎ履きするような職業の方などによいかもしれません。色もかわいくてよかったです。

  • 4.00

    好きな人しか観ないっしょ

    Euleka

    原作のコミックが好きなので観ました。休日にビール片手にゆるっとダラっと肩のちからを抜いて愉しむのにぴったりです。ほんわかしますよ~。

  • 5.00

    履きやすくて疲れません

    ろん

    程よいクッションで疲れません。色合いも淡めなので服に合わせやすいです!24センチを購入、思ったよりピタリでしたので余裕がほしい方はいつもより大きめが良いかもです。

  • 3.00

    子どものシーンはいらないかな?

    カスタマー

    原作既読のファンです。漫画は一話完結がたの、のんびりほのぼのコメディ漫画。それをどう映画にするのかな? と不思議でしたが、とてもよくまとまっていました。ほのぼの映画としては☆5だと思います。ですが、原作の「あの掛け合い」を求めている人たちからすると、子どもが主体の夏祭りのシーンはちょっと余計だったかな……と感じました。それよりも、キリスト教や仏教あるあるがたくさん原作にあるのですから、そのネタをとことん盛り込んだ映画にしたほうが、ファンも初見の人たちもおもしろかったかなと思います。ですが、映画としては大変よくまとまっており、お酒を片手にのんびりと見て過すにはとても良い映画でした。立川に住んでいる人は、立川の風景が映るのでそれだけで楽しいと思います。映像もとても綺麗で、見て損はしないかなーと思います。追記・2020年今になって思えば、作中の子ども視点のシーンは大人の事情でどうしても入れる必要があって、原作イメージを壊さずその上で映画を完成させために脚本家が一生懸命に考えた苦肉の策だったのかなーと気づきました。そういうことなら気持ち的に星5です、おつかれさまでした。

イスカル W SGFFR SG端溝/ホルダ 切削、切断、穴あけ 【限定製作】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

イスカル W SGFFR SG端溝/ホルダ 切削、切断、穴あけ 【限定製作】

石田国久社長と私は中学校の同級生です。おとなになって国久さんは家業を継ぎ、私は画家になりました。2020年2月、国久社長が私の個展にいらしてくださいました。その時、「創業100年を機に包装紙を作り直したい」とおっしゃり、ついては私にその絵を、というとても光栄なお申し出を受けました。そして、このたび、創業101年目に包装紙が完成しました。
包装紙の絵を描くにあたり、石田社長から会社の歴史を聞きました。創業者の國三郎氏、二代目の康國氏、ともに創意とパイオニア精神に溢れた方々だったこと。そして現社長の国久氏の陽気で朗らかで牽引力のあるお人柄、そのことを全部ひっくるめて入れ込んで、おもちゃ箱みたいに盛りだくさんで、見てくださった方が楽しい気持ちになってもらえるような、生きていることへの肯定感が感じられるようなものができたら、と考えました。青とバーミリオンの色は会社のイメージカラーです。モチーフはおもに歴史的な発明品で、それらに動物を合わせ、ユーモアの世界と繋がる言葉をメッセージとして配置しました。たとえば英語のことわざ〈Laughter is the best medicine. 〉=笑いは、最上の薬。包装紙のなかにこの言葉を見つけてくださいますか?「みんなが笑顔になる」ということを大切にされている石田社長の思いを伝える言葉として、書き込みました。お買い物をされたあと、包装紙も楽しんでいただけたらと思います。

堀川理万子 ほりかわりまこ RimakoHorikawa

1965年東京生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修了。画家として絵画作品による個展を定期的に開きながら、絵本作家としても作品を発表している。『ぼくのシチュー、ままのシチュー』『くだものと木の実いっぱい絵本』『おひなさまの平安生活えほん』『海のアトリエ』『氷河鼠の毛皮』(宮沢賢治作)など多数。
「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」2021年受賞。

  1. ホーム
  2. 切削、切断、穴あけ
  3. イスカル W SGFFR SG端溝/ホルダ